You can hide ads by becoming Annict Supporters.

Error

    Bad
    Average
    Good
    Great
    Characters

    If not entered, the current time will be the watched time.

    You can set by joining to Annict Supporters

    My Records

    No Records

    Following Records

    No Records

    All Comments

    Great

    リレーでの走り方がシュールすぎて笑った。あそこ大事なシーンなのにと。でも最後のシーン、あそこには圧倒された。原作読破済みでこの展開も知っていたのにここまで最後のシーンで見入るとは。余談だが櫛田の本性としての声こんなのだったか?だいぶ変ってる気がする。

    Great

    裏切り者が判明したか
    コイツ…
    速い!?
    ほほうw

    Good

    端折ってるのかいろいろ唐突

    Good

    櫛田ちゃんの声前にもまして悪者になってんじゃん。
    鈴音ぇ。
    結局は綾小路か

    Good

    櫛田あの声のトーンで自白するから怖いよな。
    堀北兄、意外とDクラスに期待してる?
    綾小路足も速いのか。
    どこまで爪を隠しているのだろう。
    まさかの堀北と櫛田中学の同級生か。
    久々に櫛田のマジトーンボイス。
    録音はやはり綾小路なのかな?

    Good

    久しぶりにこっちの櫛田が。
    こんな手を回せるなんて一体誰の小路くんなんだ・・・

    Good

    [ヒロイン]が[須藤]を連れ戻す行動。[ヒロイン]は[ヒロイン兄]に認められたい、[須藤]はクラスのみんなや別クラスのやつらを見返したいと自分の欲望ばかりだったことを知る展開は良き。チーム力がUPですな

    opの[坂柳]シーン、毎回かわいいと思ってしまうw

    [櫛田]が[主人公]が疑い深い様子に降参して売ったことを話す。その代わり、[主人公]も追放リストに加えられてしまった...

    [主人公]vs[ヒロイン兄]。[ヒロイン兄]が早めにバトンを受け取ったのに[主人公]が走るまで待っているのはすげぇな(同クラスにやじられそう...)。
    そして2人とも一気に他の選手を追い抜いていく様子、すげー

    [櫛田]の過去を知る?[ヒロイン]に対し、[櫛田]が本性を出すシーン。キャラがめっちゃ違くて笑うw(顔も、声も騙していたんだねw)。
    [龍園]の策略を[主人公]?は見破っていたため、[ヒロイン]が受けたカツアゲを防ぐことに成功!

    原作期読者の感想を見て知ったがだいぶ飛ばしているんだね。
    原作を完全再現すると各キャラの良さなど特徴が深堀できていいとは思うが、その分(原作あまり知らんと言う)思いれを持たない視聴者は展開の遅さに飽きるかも...と難しい選択ですな。どっちがいいんだろ??

    Good

    自ら弱い部分を見せ、協力を乞う事で須藤の説得成功
    頭ごなしではこうはいかない
    龍園もイキッてる割りに大したことないのか、綾小路がすごいのか

    Good

    そうか。私怨か。同じクラスになったのは果たして偶然なのか...

    Good

    裏切者の動機もそうだけど、堀北の成長も今後気になる

    Good

    真顔で走ってるのむちゃくちゃおもしろい
    櫛田、別人過ぎて笑う
    表情以上に声の変わりようがすごすぎる

    ここらへんはやっぱ龍園くん出てくると盛り上がりますね、ゾクゾクしてくる

    Good

    Cクラスの集中攻撃と裏切り者に拠ってバラバラになりかけたDクラス。その象徴が須藤と堀北
    だからその二人の在り方に変化があれば、それはDクラスの成長に繋がる。堀北が持ちうる最高の武器、それを手にするエピソードだったようで

    暴れん坊の須藤とリーダー役の掘北。水と油で共通項が無いように見える二人を結ぶのは認められたいという欲求。それに奔るあまり孤高になってしまった
    堀北と須藤の問題点は同質。自分を変えたいという掘北の熱い想いは須藤も痛感出来るもの。だから掘北の言葉は須藤に響き、須藤を変えるわけだ

    バラバラなクラスの中で今回の綾小路は曖昧な活躍に終始…
    櫛田に裏切りの件を詰問するものの、事態解決も動機解明も出来ず
    またリレーもクラスの勝ちではなく堀北学との勝負に出ている
    綾小路の活躍は誰かと結びつかないから、クラスの成長に寄与しない
    本当の活躍は見えない場所でこそ

    堀北は龍園に立ち向かえたのは櫛田との結びつきを思い出せたから。だから罠に対して罠を持って飛び込んだわけだけど、龍園の方が上手か

    今回の堀北は何から何まで敗北。けれど須藤の改心や謎の録音に拠って再起の可能性は残された。それはDクラスがこれから強くなっていく未来へ繋がっていくのだろうと思える回だったよ

    Good

    お前が走るんかい

    Good

    綾小路と堀北兄の爆走めちゃくちゃシュールだった
    ついに龍園に目をつけられたな

    Average

    7話先見てからの6話。で、何で足速いん

    Average

    堀北少しは成長したかね。櫛田の声変わりすぎだな。

    Average

    今回も話進展しないなあ…

    ファッ!? 何だよこれww
    綾小路走るの速すぎだろwwww

    で、今回も話進展しないまま終わりか?

    結局しょうもない終わりだったか…

    真顔で2人くっそ早いのめちゃくちゃうけるよな

    ラストは綾小路の仕業だろうなぁ。今回は堀北の成長が綾小路の目的だったのかな。一方で完全な敗北にはならないように手を回す姿は流石の天才だなぁ。

    数日前によう実がトレンド入りしてたから気になって見たら、作画崩壊してたらしい。確認したら本当だった。レイヤーの階層ミスだな、一瞬だったからチェック漏れしたかな。

    12
    Loading...