@tanauto
You can hide ads by becoming Annict Supporters.
基本ツッコミ感想です。

Started: 2021-10-06 (63 days ago)

Statistics

Favorite Characters

Akemi, Homura
Mahou Shoujo Madoka★Magica
Makise, Kurisu
Steins;Gate

Favorite Voice Actors

悠木碧
43 Works Watched
Hanamori, Yumiri
14 Works Watched
黒沢ともよ
15 Works Watched
内山夕実
24 Works Watched
Hanazawa, Kana
71 Works Watched
Saori Hayami
47 Works Watched

Favorite Staffs

岸誠二
8 Works Watched
吉田玲子
16 Works Watched
岩浪美和
35 Works Watched
藤原佳幸
7 Works Watched
岡田麿里
14 Works Watched
會川昇
5 Works Watched

Favorite Organizations

P.A.WORKS
14 Works Watched
ボンズ
13 Works Watched
Doga Kobo
22 Works Watched
オレンジ
5 Works Watched
@tanautotanautotracked
Good

お姉ちゃんとしては逢花が雲隠れしてるほうが好都合なんじゃないかと思ったけど、あくまで自分が守りたいのかなw

最終局面が迫る中、涼先輩がカケルや楓を気遣う素振りを見せたり、楓がさり気なくヒーロー活動を認めたりと、仲間意識や態度の変化している描写がいいねえ。イバラを失った状態でも、逢花も含めてみんなを救うと言い切るカケルがどう答えを出すのかはもちろん、主力になれない立場から春子がどう活躍してくれるのかも、私、気になります。


Shikizakura

@tanautotanautotracked
Good

結局「見るな」は先生のことが好きだった女性の異形?なのかね。元カノだとしたら浮かばれない。ネコ好きスキンヘッドさんとの落差よ、ほんとに。猫虐待を思わせる描写はこれまでの作風を壊しかねない異様さすらはらんでいるけど、血痕だけ見せて直接の描写はしなかったり、クラスのギャル二人組で和ませたりとうまく中和していて、見てるこっちも助かってる。


Mieruko-chan

@tanautotanautotracked
Great

自分のことも相手のことも気付かなかったこと、決め付けていたことを互いにさらけ出し、ありままの自分を知る。龍二とのそんなやり取りで感じた気恥ずかしさの照れ隠しが「海の青さに染まったからだ」とか詩人になったねえ、八虎も。

小田原まで来て龍二と二人でセルフヌードを描くという滑稽さと興味津々な状況も交えつつ、それぞれが前をしっかり向き直す、気持ちの上がるエピソードにまとめていたのはさすが。予備校に戻って大葉先生との会話で補うとこまで完璧だった。


Blue Period

@tanautotanautotracked
Good

セルフプロジェクトはいい意味で斜め上だった。せいぜい結束の強さを試していた、ってくらいのオチかと思ってた。セルフはオーディションでデビューするより険しい道ぞというのもそれは本人たちがみんなでやってゆくほうを望んだ結果だし、一定のファンに名を売ってからネットとかで地道に活動してゆくのも今はありっちゃありなんだろうな。それにしてもリアリティショーのみならず、オーディションまで揶揄する展開になろうとは。ちっともリアリティショーっぽくねえなと思ってたこと、素直に反省します。


Selection Project

@tanautotanautotracked
Average

国からの依頼でも選択の自由はあるんだ。国益の為なんて相手がクズばかりじゃない、望まない暗殺など腐るほどあるだろうにと思ってたけど、選べる自由があるならルーグとして人生をやり直すメリットは確かにあるね。そして選んだ結果を受け止める覚悟とか、タルトやマーハからの想いの受け止め方とか、中の人の感受性が試されていると。

女神は迷走してるっつーか、もう遊んでるよね。ラッパーやカメラマンに何とかしろとか、やらされてるほうが健気に思えてくる。


Sekai Saikou no Ansatsusha, Isekai Kizoku ni Tensei suru

@tanautotanautotracked
Great

「古見さま」が神さまに聞こえる、それを方言でやる表現すげーな。しかも、コンプレックスのせいで一切喋らないところは古見さんと同じでも、心の声が饒舌でだだ漏れという。さすがにもう濃いキャラは出てこないだろと思っていたらまだ出るか。映像でも映えるキャラというか、井中さんは原作でどう表現されているのか気になった。

普段の役柄と声の違うりえしょんとるみるみは凄く兄弟みがあった。



@tanautotanautotracked
Good

なおみんがりこりんとの絆を再確認する流れは良かったし、りこりんの怪我でまなかたちが浮足立つのも分かるんだけど、そのくらいでこれじゃ絶望的とか応援団に言われちゃうのは先輩たちがかわいそう。万年Bクラスらしいから間違ってはないし、期待の裏返しとはいえ。

そして身代わりのようにギスる北海道チーム。元々こういうチームなのか、それとも優の残した火種がくすぶっているのか。もし後者なら、ドリモンでのびのびやってる優を見て複雑な気持ちになるだろうな。


Puraore! Pride of Orange

@tanautotanautotracked
Good

一瞬の無音演出、良かった。父の仇を討つという信念を貫いた先が、ついさっきまで母の姿をしていたオニを斬ることになるという悲しさ。それでもためらいなく斬るところが涼先輩らしいし、カケルとの対比にもなっていた。美鈴さんは5年前にすでに喰われてたってことだけど、前に休憩室でカケルに涼の力になってくれとお願いしてたこともあるし、あれがシンジャの幻惑だったとも思えない。やはりオニに喰われても人間の心は残っているとして、その辺りをカケルの信念のほうにつなげていくのだろうか。


Shikizakura

@tanautotanautotracked
Good

みこにとってはお化け屋敷がまさかのオアシス。嬉しそうな悲鳴がかわいすぎて笑った。常に気を張ってるらしいし、久しぶりの心からの喜びと叫びだったんだろうなあ。

「見るな」 あの場面では見てはいけないという異形からの警告かとも思ったけど、お化け屋敷の話の後だと、見て欲しがりな異形たちはこちらが反応してあげれば向こうも反応を返してくれるが、先生はそれすら拒絶しているということなのかと。


Mieruko-chan

@tanautotanautotracked
Great

八虎は溺れてる人がいたら救命道具を持ってきて飛び込む人だと思うけどなあ。何の策も無く飛び込むことはしないが、相手を助けられると感じたら飛び込む。冷静さ、冷徹さはありつつ、でもそれ以上の熱意も持っているのが八虎な気がする。でなきゃ藝大なんか目指さない。

まあ、すがるものも逃げ場もない龍二からすれば、まぶしいくらい真っ直ぐに突き進む八虎に皮肉のひとつも言いたくなったというなら分かる。助けてのひと言が言えなかったのは、それで何が変わるという諦めもあったろうし、何よりそれは救いようのない今の状況を認めるってことでもあるし。


Blue Period

@tanautotanautotracked
Good

私に入れるの?と疑心暗鬼になってる詩ちゃんに笑った。芸歴は長くても、こういうところは子供なのがかわいい。

姉と同じステージに立ちたい、姉の見た景色を見たい、その想いだけでも十分だと思うけどねえ。アイドルは歌だけでなく、想いの強さに共感するものだと思うし。


Selection Project

@tanautotanautotracked
Great

今回のくくるは身につまされて胃が痛い…。連絡だけはしないとね。

くくるが挫折というか、何かから逃げたくなったのは初めてなのか分からないけど、どうしようもなくなったら少し休むが一番。沖縄は離島とか近くにあってすぐに気分転換できるのがいいなあ。風花も珍しく感情を表に出してぷんすこしてたのがかわいかった。


Shiroi Suna no Aquatope

@tanautotanautotracked
Average

マーハがイルグを見るときのうっとりした目付きといい、戦闘が終了した後のタルトの感情の切替っぷりといい、体よく洗脳してるようにしか見えなくて困るw 人生やり直しの本音が独白された今回を見ても、ルーグにそんな意図はないはずなのに、この作品は何か含みがあるような描写が好きよなあ。


Sekai Saikou no Ansatsusha, Isekai Kizoku ni Tensei suru

@tanautotanautotracked
Great

古見一族、極端すぎないかw でもそのおかげで古見さんは居心地の悪さを感じないですむのかもしれぬ。珍しく古見さんから従妹に絡んでいたし。山井さんが変態なのは納得の事実だけど、あからさまなシモネタは違うかなあ。目の前で古見さんをガン見する山井さんとかのほうこそ真骨頂。祭りのときといい、只野くんの部屋で過ごすときといい、時間、空間の間の描写が相変わらず素晴らしい。



@tanautotanautotracked
Good

ぶつかるのが怖いというのはアイスホッケーでは致命的だし、え、今さら言う?と思ってしまったが、だから克服しようと言わないのがりこりんの優しさか。羊子さんもなおみんの動きの癖には気付いていながら、優や薫子に見せたケア力は発動しなかったようで。

それにしても、ここまで愛佳たち新人と先輩たちの絡みがほとんどないよねえ。あくまで愛佳たちを焦点に追っているからとか、先輩たちの活躍はまた別の話(ゲーム版)設定なのかもしれないけど、TV取材でも愛佳たちが中心メンバーで優勝宣言してるみたいになっちゃってるし。先輩たち全員、幻のシックスマンかって。


Puraore! Pride of Orange

@tanautotanautotracked
Good

前回シロ組全員の気持ちがつながったところで今回はみんなでヒーローショーと、いいタイミングでおふざけ回を入れてくるなあ。2Dになっても逢花様は変わらず凛々しかったし、楓も春子もかわいかったし、悪役にドハマリしてた涼先輩も束の間のいい息抜きになったに違いない。

そして、おっさんで悪いかよ、略して二朗さん。相変わらずどこまで台本なんだか、アドリブなんだか分からない台詞回しに笑った。アニメでも変わらないか、この人はw てか二朗さんも愛知出身とは知らんかった。この作品で愛知出身と知る人が多い。


Shikizakura

@tanautotanautotracked
Good

電車の異形さんは見た感じ異様なオーラも少なく、今まで登場した異形とは系統が違う感じだった。害はないどころか、むしろ悪い異形を吸い取ってくれる益虫みたいな存在? 人間を追う動きがちょっとかわいいとさえ思った。でも、みこにとっては震え上がる相手には変わりなかったようで。替えがすぐ手に入る場所でまだ良かったね…。


Mieruko-chan

@tanautotanautotracked
Great

合格発表で合格が分かった瞬間とかならあるけど、試験中に脳汁プシャーの経験はないなあ。たとえあったとしても緊張で気付いていないか。それだけ八虎はハンパないプレッシャーを抱えながらも試験を楽しんでいたってことでもあるかな。


Blue Period

@tanautotanautotracked
Good

それぞれが見せるいつもと違う弱気な一面。凪咲はそれすらあざとく見えてしまうってのが面白い。最終予選の方式に他のメンバーが戸惑う中で、鈴音と玲那のチームは比較的早めに切り替えて前向きに捉えようとしていたのも面白かったし、そこに臓器移植の件を絡ませることで玲那の単純に割り切れない想いをさらけ出したりと、この作品単体として見れば良回ではあったんだけどね。

玲那の湯上がりヘアーバンド姿をここで見せるのも良かった。不思議と幼く見えた。


Selection Project

@tanautotanautotracked
Average

描写がないだけで毎度お楽しみかと思いきや、ほんとに一緒に寝てただけというオチに見事だまされた。ルーグがあそこまで動揺してたのも珍しい。イルグに変装してから若干キャラが変わったように見えて、前世の人の思考に作者の思考が紛れ込んでない?とか思っていた…。商人に化けたから商人らしいことをしてた訳でもなく、ウブな少年に成りきっていたとは。


Sekai Saikou no Ansatsusha, Isekai Kizoku ni Tensei suru

@tanautotanautotracked
Great

古見さんの性格は父ちゃん譲り。古見さんの言動を前にしても、母ちゃんがあまり深刻な素振りを見せなかったのはその陽気さや優しさからというより、似た人物がすでにいたからと。それどころか、父ちゃんの寡黙なところに惚れたとかなら理想の父娘ができたとか思っていても不思議じゃない。



@tanautotanautotracked
Great

水着&合宿回。そして、いくら栃木に海がないからとはいえ、まさかの沖縄編。

薫子は後方彼氏面ならぬ後方腕組み女子。まなかがリーダーシップを申し分なく発揮するあまり、薫子は前に出る必要がなかったというか、そんな薫子の立ち位置すらフォローするまなかがリーダーの権化すぎる話でもあった。恥ずかしがらず声を出せるようになった後もまだちょっと弱々しい声の薫子がかわえかった。


Puraore! Pride of Orange

@tanautotanautotracked
Great

カケルとイバラだけでなく、白組全員の気持ちがつながった回だったかな。カケルとイバラの共鳴する熱さは王道なんだけど、そこに逢花の熱さも加わることで友情の熱血でもありつつ、ほろっと来る味付けになっていたのが良き。逢花は逢花でとうに覚悟ができていると言い切っているもんねえ。カケルと逢花の間もいい感じになったりと今回はフラグ立てまくってた。

トイレの電気みたいにパチパチと。変身バンクを茶化すネタを今回もちゃっかり。豆電球のことか、それとも人感センサーのことを言ったのか、一瞬迷った。え、TikTokネタ? ん、反応で世代がバレる。


Shikizakura

@tanautotanautotracked
Great

一回分、もったいない使い方をしてしまったねえ。

ノーテンキなハナとアンジャッシュなユリアに振り回されるみこの図は大いに笑ったけど、遊び半分で心霊スポットに行く危険性を諭す意味でも、より強く見える者の使命としても、みこはユリアをもいっかいきっちり締めておく必要があるな。


Mieruko-chan

@tanautotanautotracked
Great

話術で本音を隠すのではなく、本音を技術で武装する。いいアドバイスしやがるねえ、恋ちゃん。本音で語り合える友人。予備校では大葉先生がほんと親身になって指導してくれるし、学校に戻れば佐伯先生がいる安心感。自分勝手力で言えば、世田介とか龍二とか参考になる人物が身近にいっぱいいる。これ以上何を望むというくらい人間関係には恵まれているよ、八虎は。


Blue Period

@tanautotanautotracked
Average

ルーグ、キャラ変わった? 意味ありげにマーハの前に現れて、君が欲しいとか言い出したりして、見ようによっては自分に酔っているようなルーグの振る舞いに苦笑。実はさらわれる前からマーハに目を付けていた? ってそれは時間経過がおかしいし、さすがにルーグもそこまで非情ではないだろうし。この回だけ見たら、こいつも染まっちまったかぁと女神が落胆しそうな勢いだった。


Sekai Saikou no Ansatsusha, Isekai Kizoku ni Tensei suru

@tanautotanautotracked
Good

髪切った? 山井さんのあの反応は気づいたかとも思ったけど、いつもと何か違うのは気づいたものの、何が違うかまでは分からなかったってことかな。

寝る前にその日の言動を振り返って反省してしまう。あるある。その失敗にめげずに、より分かりやすいコミュニケーションを実践してみるのがコミュ強、失敗の記憶に囚われ、より一層反応が薄くなったり、言葉に詰まりしどろもどろになるのがコミュ障、ともにその繰り返しがそれぞれを作り上げてゆくって感じがする。



@tanautotanautotracked
Great

ウマライブ、キター。観客もいない中で、負けたのにヴィクトリーライブ、先輩を差し置いて新人だけ、フォーメーションも息ぴったりでどう考えてもライブの練習にがっつり時間を割いているのは確実と、あえてツッコミだらけにしてライブを見せる演出が最高すぎた。たぶん試合同様、ライブも練習がてらという体なんだろうけど、エンドクレジットを流した後にライブ専用のクレジットまで入れたりと、ふざけてるのか、ガチなのか分からなくて楽しかった。

ナオミンの憧れの人がかっこいいというより、ガタイのいい人にしか見えなくて困惑していたら、ちゃんとモデルの人がいて、思った以上に寄せてたのには笑った。良かった、ナオミン、そっちの好みかと思ったよ。


Puraore! Pride of Orange

@tanautotanautotracked
Great

恐ろしい異形をやっつけてくれる神様的存在も、みこからしたらSAN値をガリガリ削る存在に変わりないというのがかわいそうだけどちょっと笑った。外では言うまでもなく、風呂場もダメ、家族の団らんもダメ、睡眠中もと心休まる場所がないもんねえ。3回?が3回まで守ってやるという意味なら、そう言わず、回数無制限で守ってあげてくれ。


Mieruko-chan

@tanautotanautotracked
Great

正解のないものを追い求める焦燥。自分にないものを持つ存在に対して抱く羨望や絶望感。天才ですらそれらの感情にとらわれるのに、何事も前向きに捉える矢虎に度量の広さを感じる話でもあった。世田介に続いてマキまで落とそうとする勢い。

でもごめん、世田介と初詣に行った場面の八虎はもう何言ってるのかと。いや、他人に興味がないとまで言い切った世田介に意識されていることが嬉しかったのは分からんでもないし、お互いに嫌いとはっきり言い合えるのもいい関係だと思うけど、そこでポジティブに喜べる八虎にドン引きよw


Blue Period

Loading...