You can hide ads by becoming Annict Supporters.
Overall
Great
Animation
Great
Character
Great
Story
Great
Music
Great

「映画ゆるキャン△」視聴終了
評価S(神作品)

TV版ゆるキャン△を観てた時の懐かしさも蘇ってきつつ、その良さを踏まえた新たな要素でも魅せてくれる最高の映画でした。特になでしことリンの温泉シーンはアニメ史屈指の名シーンだと思います。

舞台はまさかの未来。野クルメンバーが社会人になった世界。離れ離れになって数年集まっていなかった仲間がキャンプによって再び集まるというのが本当にエモかった。ゆるキャン△のキャッチコピーである「きっと空でつながっている」という言葉が大好きなんですが、まさにそれを体現した映画。

時が経とうとも集まれば昔の野クル。その変わらないものの良さがありましたね。空気感、綺麗な冬景色、そしてなんと言っても飯テロ。アニメ版から全く衰えない出来の良さ。

しかしそんな中、時が経って変化した要素もある。キャンプグッズが豪華になったり、ちくわがお爺ちゃんになったり…などなど。個人的に日常作品で時が経つ描写というのがどうしようもなく好きなんで深く刺さりました。
その中でも特に一つ大きく変わったことがあります。それはキャンプの楽しさを未来へ繋げていこうとしたところ。
なでしことリンの温泉シーンでの

「大人になればなんでもできると思っていた」

というセリフから感じ取れる頓挫の悔しさ。ゆるキャン△の世界で今まで挫折というものがほとんど描かれていなかったからこそ、ここは心にきましたね。
しかしそれにはヘコたれず前向きに

「私はキャンプの楽しさをみんなに知ってもらいたい。リンちゃんが私に教えてくれたように!」

と決意するなでしこ。もう涙腺崩壊です。二期でもありましたが、なでしこがキャンプの楽しさをみんなに伝えようとするのがもう最高すぎる。その時になでしことリンの出会いが語られるのがもう…。1話の本栖湖での富士山シーンが思い起こされます。アニメ版での思い出も踏まえて新たな良さを見せてくれるの神すぎる。

アニメ版を踏まえた新たな良さとしてもう一つピックアップします。それは犬子の「うそやで〜」です。今まであんな面白おかしく嘘ついてたのに、映画で見せる一番悲しい「うそやで〜」。それが本当涙腺にくる。失うことの虚しさをこんな形で表現できるのかと。そのあとの千明の対応。も〜〜〜〜〜〜〜最高。やっぱ犬子には千明なんよ。千明が計画再開を決めた時に犬子に一番最初に連絡したのももう素晴らしい。

映画ならではのこととして、TVアニメ版からは想像できないシリアス展開になるんだけど、それが誰も悪くないシリアスというのが良いよね。だから必要以上に胸糞悪くならずに起承転結をつけることができた。もうシナリオが良いです。
一つ引っかかったのは、キャンプ場作りを結局無償でやらせちゃったことかな。みんなめちゃくちゃ忙しいのにボランティアとして参加して、そこは同調圧力に感じちゃった。ゆるキャン△の良さとして、あんまベタベタしすぎない、みんな好きなことをやるというのがあったと思う自分としては、それは少し違うかなとは思いました。ただそれ以外の要素は文句なしです。

新たな要素だけではなく、アニメファンだからこそ楽しめる部分もある最高の作品でした。最初から最後までエモーショナルになりながら、120分という長い時間、全く飽きずに楽しめました。EDの歌詞もズルい。

ゆるキャン△に出会えて良かったです。円盤買います。



Loading...