You can hide ads by becoming Annict Supporters.
声優とロックが入り混じった趣味をしています。声優は豊崎愛生が大好き!ロックはBUMPとマンウィズ、オーラル、リベリオンです。あと、任天堂に目がないです。よくシャドバをしている。毎週木曜の22:00からはよく荒れます。無言フォロー失礼します

Started: 2020-03-01 (950 days ago)

Statistics

Favorite Voice Actors

夏川椎菜
14 Works Watched
Kuwahara Yuuki
17 Works Watched
Minase, Inori
44 Works Watched
日向もか
1 Works Watched
Nakamura, Yuuichi
94 Works Watched
Okamoto, Nobuhiko
85 Works Watched

Favorite Staffs

新房昭之
23 Works Watched
西尾維新
3 Works Watched
桜井弘明
8 Works Watched
Fujiwara, Keiji
55 Works Watched
Overall
Good
Animation
Good
Character
Good
Story
Good
Music
Great

作品としての祭りと音楽としての祭り
時系列的にはホールケーキアイランド編と和の国編の間くらいだと思う。
ある程度ワンピースを認識していないとよく分からない部分があるが、作品の強者、キーキャラたちがこぞって出てくるのでそれだけでも楽しいと思う。
音楽についても超新星Adoの歌声を中心に中田ヤスタカ、ミセス、秦基博と数々のアーティストが主題歌、挿入歌含め楽曲提供しておりお祭りと言えるだろう。
作品内で謎が多いシャンクスに対してスポットを当てている点はコナンを意識しているなと感じる。
ここからは少しずつネタバレをしていく。
構成はワクワクが徐々に不安、絶望に変わっていく感じ、狂っている感じがオマツリ男爵を思い出す感じがあって個人的には良かった。
違和感・伏線の出し方も小出しに出して後半キャラの説明があったので分かりやすく、丁寧なつくりだと思った。
UTAの歌パートが想像以上に多くあり、主題歌含め全ての楽曲がほぼFullで流していたように思う。
作中の半分くらい流れていたのではないか?
入場者特典の単行本の作りもUTAを好きになってくれるようなコンテンツが溢れていたように感じメディアミックスを狙っている感が凄かった印象。曲は非常に良いのでそれでいいんじゃなか。
UTAを出来るだけ掘り下げるために最終決戦中に回想が異様に連続で入っていたのは少し設定盛りすぎじゃないかと思ったところがあったと思う。テンポに少し違和感があった。
クライマックスのシャンクス、ルフィの重ね攻撃、ヒロアカでも似たような演出があった気がするが流行っているのだろうか。
最後、UTAが生きていたのか死んだのかの解釈は視聴者に委ねているところがあり、全て公にするワンピースの印象が少し変わったかな。
私の予想は十中八九死んだんだろう。
赤髪海賊団と目線とルフィのクールに去るぜ感
世界の7割を滅亡させようとした大悪党となる人物がEDでCDが全ての国に流通していること、「ウタの歌 ONE PIECE FILM RED」のボーナストラックに別れの歌と言われている「ビンクスの酒」が入っていること
周りから察しさせるような作りは嫌いじゃないぜ



見た

見てる

見てる

見てる

見てる

見てる

Overall
Great
Animation
Good
Character
Great
Story
Great
Music
Great

ゆるさを残しつつも涙なしでは見れない一作
高校生だった本編から数年たち、大人になった野クルメンバーが今度はキャンプ場を作る
作品を通して成長したキャラクターを見るだけでも心が揺らいでしまった
大人になった彼女たちなので、昔ながらの緩さがなくシリアス展開が多いのかなって思っていたが
いつも通りのLINEのやり取り、会話の雰囲気は昔のまま。
変わったところと変わらないところのバランスが非常に良かった。
ガッツリ2時間ある作品でゆったりとした雰囲気が続くのにあっという間に感じたのは日常に起こる小さな感情の揺らぎと少しの緊張感、ふとしたところで見せるゆるさのタイミングが絶妙だからだと思う。
シリアスなのに見ている側からするとシリアスに見えないような演出も心地よかった。
ちょっとネタバレになるが、しまりんとなでしこが2人で温泉に入りに行くシーンが非常に良い。
映画を通して伝いたいメッセージが詰まっているってのもあるが、それ以上に私たちに勇気を与えてくれるシーンだ。
リアルではないけれど、限界まで私たちに寄り沿ってくれている作品だからこそ、力があると感じた



見てる

見てる

見た

見たい

見たい

見たい

見た

見た

一時中断

一時中断

見たい

見てる

見てる

見てる

一時中断

見たい

見たい

一時中断

Loading...